舌小帯短縮症のレーザー切開やハサミで切りっぱは縫合しないから瘢痕・癒着する


舌小帯短縮症のレーザー切開やハサミで切りっぱは縫合しないから瘢痕・癒着する

舌小帯は深く切ると傷口が広がり、オトガイ舌筋が露出する

舌小帯短縮症でレーザー切開だけすると、傷口がダイヤモンド型(ひし形)に広がり、その下のオトガイ舌筋露出する。

レーザー切開は傷口を焼いているので、縫合できない。

すると傷口が広がったまま治るので、瘢痕治癒し、舌小帯の粘膜とオトガイ舌筋の筋膜が癒着する。

傷口は固くなってしまうので術前よりひどい結果になる。

白いのは結合組織で固くなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。